All posts by proceed

妻からの離婚宣告

コロナ禍で、夫の在宅ワークが増えた家庭、またそうでない家庭、どちらにも離婚宣告された夫が増えています。
原因は色々ありますが、
~家事編では~
「夫は家事、育児をするか、または手伝ってくれるかについて、まあまあかな」と思っている妻の割合は約半数です。この問題は根深く半数の妻は不満を持っているという事です。
2人に1人は離婚宣告をいつしようかと考えている妻かも知れません。待機状態なのではないでしょうか。
夫曰くウチは違う。
大丈夫。
他の夫よりやっている。きちんとやっている。

しかし、そこが大きな間違いなのです。他の夫よりやっているという他人との比較ではないのです。量でも質でもないのです。
あなたの奥様の求めている事に整合しているかの一点なのです。

~次に自分のしたいこと編~
「妻は自分のしたい事が出来ているか」この質問にも約半数の妻が出来ていないと答えています。
妻のしたい事?
聞いた事ないな。
何かあるの。
したければ、すればいいじゃない。
自分だって、出来ていないよ。
子育てが終わったら、すれば、いいじゃない。
別に反対しないよ。

そうでは、ないのです。
自分が今したいのではないのです。妻には自分のしたいことがあるという、その事に夫が気付かない。その事を分かっていない、その一点なのです。

妻が考えているのは、このまま、この夫とずーと死ぬまで一緒に暮らすのか。と考えてしまうのです。
奥様は妻であり母であるかも知れませんが、1人の女性です。
お互いに分かりあって離婚宣告から離れられますように。

More

妻の家出

昨今コロナ離婚が取りざさされておりますが、妻からの調停への申し立てが増えているようです。
また突然の妻の家出につきましては、昨年から今年にかけて毎日のように多数ご相談を受け急激に増えている事を日々実感しております
その時、夫は少し様子を見てみよう。諦めてじき帰ってくるだろう。
どうしょう。どうしょうと、パニック状態になり、あちらこちらを探す。
行動はこの二つですが、大多数の夫が言う事は何故か、みな同じです。
「何故、妻は家出したのか?」「分からない」「言ってくれれば話し合いしたのに」
しかし妻側からは「夫は何も分からない」「分かろうとしなかった」「話しを聞こうとしなかった」
だから我慢の限界で家出した。
コロナ禍で夫が家に居る時間が増え、今までは、あまり言わなかった夫が小さい事を細々と言う。
例えば、
1、いつ掃除するの?
2、夕飯は何?
3、妻が出ようとすると、何処に行くの?何時に帰るの?
4、子供達の勉強は大丈夫なの?
5、貯金はちゃんと出来ているよね。等など。
夫からすると、妻や子供や家の事を心配している良い夫ではないのか。
しかし問題は、今までは普段、家にいず家や子供の事は妻に任せていた夫が突然いろいろ妻に質問してくる事のようです。
妻は、その事に、なぜ?急に?となり、始めはお互いにストレスよね。と思い、言い返さず我慢しています。
しかし夫は再度聞いてきます。そこで妻は耐えられなくなり、家出となっているケースが増加しているのが現状です。
必ず前兆があると思います。家出してから、あれこれ考えるのではなく、一緒に生活している時にこそ、感じ取れますように。
家を出るというのは、大変な覚悟ですので。
More

夫婦仲と子育て問題

夫婦仲が良くないとのご相談で、実は子供のしつけ、教育問題が原因だったご夫婦が多いようです。
夫婦関係が上手くいっていない。
ギクシャクしている。
夫婦喧嘩が絶えない。
果ては離婚まで考えている等々。

お話をお聞きしていますと、夫の帰りが遅い。
勝手にお金を使う。
いつも喧嘩ごしに話す。
妻は家事の手抜きが多い。
疲れたとばかり言う。
いつもイライラしている。
最初はこのように始まります。

しかし回を重ねていきますと、その奥には子育て問題が潜んでおり、当人同士も気が付いていないケースが多々あるのが、最近の傾向です。
夫の帰りが遅いのは、早く帰ると妻が子供を叱っていて、それを見聞きするのがイヤ。
口を挟むとこちらに矛先が変わってくる…。
妻は家事と子育てで本当に疲れている。
夫は労ってくれない。
妻の言い分は、子育てについて夫に相談すると「あなたに任せてあるから。」
夫の言い分は、子育てについて話そうとすると「何も分かっていないのに。」と、先に進むどころか、またまた喧嘩です。

さて解決策は、妻の子育ての相談は答えを夫に求めているのではなく、ただ聞いて欲しいのです。そしていたわって下さい。
夫の子育ての話は、結論をいい「これこれこうしたらどうですか。」と、方向性を示して下さい。
もし一つでも思い当たる事がありましたら、試みて下さいませ。

More

清潔感の違い

「暑くなりましたね。寒くなりましたね。」等の挨拶ではなく、「また増えましたね。なかなか終息しませんね。いつ終わるのでしょうね。」になっている現在のコロナ禍の世の中、自宅でも揉め事が多いようです。
揉め事の一つとして清潔感の違いもあります。
1, 掃除は掃除機をかければ良。
    拭き掃除までするのが掃除。
2, バスタオルは毎日洗わなくとも可。
    当然、毎日洗う。
3, 手洗い、うがいは、帰宅時にする。
     いや、こまめに何度もする。
挙げていきましたら、数限りなくあります。
ある記事で見たことがありますが、人が握った(おにぎり)は食べられない人は、かなりの数いるそうですが反対に食べられる人もいるということです
この様に清潔に関する考え方は人それぞれですが、いざ家族となり、また現在のコロナ禍となりますと益々大変です。衝突することも沢山あると思います。
皆様は、どの様に折り合いを付けていらっしゃいますか。
そんな中、免疫力をアップ出来たらいいですね。
悪口、批判、中傷などをすると免疫力は下がり、感謝、共感すると免疫力が上がるようです。
皆で免疫力を上げていきましょう!
More

コロナ離婚

なかなかコロナが終息せず、今だみな不安を抱えている中、コロナ離婚は終息しましたでしょうか。との質問を良く聞かれます。
・自分空間がない。
・オンラインの仕事なので、カーテン等変え、お金がかかった。
・一緒に長くいるとストレスがたまる。
・思いやり、協力がない。
・三食作るのが大変だった。
・不安で食べてしまい。太ってしまう。
・食費がかかる。
・要求が増え続ける。
等など…。で離婚まで、突き進まれ考え中の方々。
1, どちらかが、未来の不安を訴えましたら、反論せず、とにかく聞き、色々言える人が居ることが大事、存在が素晴らしいと思ってみられては、いががでしょう。質問と思い、答えるのではなく聴けたらいいですね。
2, 怒りは向けたい人に向けるのではなく、向けても大丈夫そうな人に向けられます。
3, 夫婦でお散歩でも、どうでしょうか。
4, お互いに、ありがとう。ごめんなさい。が言えますように。
5,  みんなで、乗り切りましょう!
More

孫と祖母の会話

現在、緊急事態宣言等、孫とも会えない祖母と7歳の孫の電話での会話。
[会えなくて寂しいね]
(おばあちゃん元気。大丈夫)
[寂しいから、ワンちゃん飼おうかな]
(どんなワンちゃん)
[そうね。茶色で小さい赤ちゃんワンちゃんかな]
(赤ちゃんワンちゃんは、ダメでしょう)
[え?どうしてかな]
(赤ちゃんワンちゃんがおばあちゃんのお家に来てしまうと、赤ちゃんワンちゃんのお母さんとお父さんが寂しくなって可愛そうだよ)
そうなんだ。祖母はその様な思いに至らず何と答えようか困り、しばし沈黙だったそうですが、その後、
[そうだね。もし赤ちゃんワンちゃんが家に来ても、お母さん、お父さんワンちゃんも大切にとても可愛いがってくださるお家に行けるといいね]
祖母は自分の寂しさを優先し考えた発言だったなとの思いに至ったそうで、現在まだ考慮中。
数日後、孫から手紙が届き(お年玉で貯めたお金で買いました)と書かれ、マスクが届いたそうです。
More

心優しいお話

まだまだ世の中大変な事となっていますが、皆様、少しほっこりするお話はいかがでしょうか。

先般お聞きしたお話。母親が家でトイレから出てきたら、4歳の子供が電話で誰かと話していました。
「誰?」
「ジージ」
母親はそうなんだと思い。そのまま5分位たち。
「ママに変わってだって」
「はーい」それからはもう大変!!
なんと全然知らない方でした。
本当に優しい方で、ずーっと子供の話相手をして下さったのです。
間違い電話だったのに、ブチッと切る事もなく、母親に怒る事もなく、「子供さん一人かと思い心配しました。お母さんが居て良かったです」
母親は「すみませんでした。ありがとうございます。ありがとうございました」

本当にホッコリしました。皆様も周りにある心優しいお話に出会えますように!

More

一言だけでも

皆様お元気ですか。
今、日本中、世界中、新型コロナウィルスで大変な事となっていますね。

何か出来る事を考えてみました。ささいな事かも知れませんが、皆一人一人が出来たらいいなと思いました。
例えば、離れて住んでいる家族や親族またご無沙汰している友人に、手紙や電話をして「お元気ですか。何か困っている事ない」その一言だけでも、いただいた方は嬉しいものなのではないでしょうか

夫や子供達も自宅待機等々で奥様は家事も増え、家族みなストレスで大変だと思います。
何とか皆で乗り越えられますように。
安心して暮らせる世の中に、早くなりますように!

More

お知らせ

この度、プロシードでは皆様の健康と安全の観点から、感染拡大防止の取り組みとしてマスク着用を実施しております。

ご不快に感じられるかと存じますが、ご理解いただけますと幸いです。

また、ご予約日に気分が優れない場合の日時変更は、柔軟に対応させていただきますので、ご遠慮なくおっしゃってくださいませ。ご無理なさらないようお願いいたします。

 

More

夫は知らない義実家への帰省ストレス

今夏は暑い日が続いておりましたが、9月になり、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
お盆休みは、いかがだったでしょうか。

毎年、この時期は、奥様方からの「疲れた~」のお話が多く聞かれます
夫のご実家で過ごされた方々です。
まず、行く前から手土産は何にしょうかしらと悩み、旅費はかかるし、一番大変なのは、行ってからの日常です。我が家とは全く違う環境の中、家事の手伝いや義家族との会話等々、朝から夜まで気のつかい続けでヘトヘトです。

夫は妻に「そんなに気をつかわなくていいよ。大丈夫だよ。」と、一番言ってはいけない言葉を発します。
もう爆発一歩手前です。
何とか解放されると思い帰り支度していると、背中ごしに聞こえてきた声は、「今度いつ来る?」
一歩手前だった怒りが爆発寸前まで来ました。

本当に、お疲れ様でした。お疲れが出ませんように9月は少しゆっくり出来ますように!

 

 

More